生活習慣と機能性便秘

我々は、ストレスを抱えたり、生活のリズムを崩すと、身体の異変に気づき、お腹がゴロゴロしたり、便秘ぎみになってきます。便秘には、病気の関わりの無い機能性便秘と、胃や小腸・肛門の器官に見られる異常が原因で、病院で治療してもらわないと完治しない便秘の器質性便秘があります。

今回は、生活習慣が原因でなる機能性便秘について話をします。機能性便秘は3つに分けられます。1つ目が大腸の筋肉がゆるむことによって起きる、緩む便秘ということから弛緩性便秘といいます。2つ目がストレスによる誰もが起こらないで欲しいと思っている、でも皆さんが抱えてしまっている痙攣性便秘です。3つ目に腸が直接悪くなって肛門に異常の出る直腸性便秘というものです。

このように、話しを聞くと毎日のように機能性便秘で悩まされているという事実も理解できるはずです。その根本が、生活習慣です。他人に合わせて食事も取らないで生活を送っていたり、家でこもりきりとなり外出をしなくなったり、同じ場所にずっといる、本人にとっても考えものです。そんな生活のリズムである生活習慣の乱れが原因で我々の身体は狂ってきて、やがては体調がおかしいと感じ、当然のように体調が乱れていきます。それから、当然ですがダイエットのし過ぎやストレス、水分不足なども便秘の大きな原因とあげられます。これから、言えることは人間として根を詰めずにリズムを持って過ごして欲しいということになります。それでは、これから機能性便秘についてそれぞれ解説していきます。

Published by